フィーチャベースドモデリングシステム


EDBや部品表との情報変換を可能にするため、製品形状を部品、フィーチャ 、構成面という階層構造で表現し、それぞれを名前で直接管理するデータモデル を開発する。これにより、設計者の意図や加工情報を表現する。設計作業の支援 では、フィーチャを中心として、フィーチャの切り出し・定義、配置および内部 面間の拘束処理と妥当性の検証、フィーチャおよび立体の干渉処理、解析・シミ ュレーションの処理などのプロセスを組み合わせて行なう。

contents1c


[戻る]