横断微分ベクトルのCardinal splineによる補正曲面

境界線と任意の中間線が入力されたとき、境界線に沿った横断微分ベクトルに より曲面を補正する表現式を提案する。与えられた横断微分ベクトルと既曲面の ものとの差分をブール和により、Cardinal splineをブレンディング関数として 補間する。本曲面は、従来の有理式によるブレンディングとは異なり、Gordon曲 面を基にした簡潔な多項式表現の曲面式であり、効率的に精度の良い補間計算が できる。

fig

参考文献
蔦森 秀夫,東 正毅,長谷川 豊,斎藤 剛:横断微分ベクトルを境界条件としたCardinal Splineによる補正曲面,1995年精密工学会秋季大会学術講演会論文集,pp359-360


[戻る]