縮閉線に基づく曲率変化の滑らかな曲線,曲面の生成

デザイナ意図を満足し曲面上の映像が歪まないような滑らかな曲面を生成するために,曲線や曲面の曲率中心から直接形状を生成する方法を研究している.本研究では,母線を導線に沿って移動することにより曲面が生成できると考え,母線の曲率中心を表す縮閉線の軌跡を曲面(縮閉面)として定める.4境界線が与えられた場合には,この縮閉面が滑らかとなるように縮閉線形状を変化させ,デザイナ意図として中間線や周辺曲面の情報が与えられたときには,これを満足するように縮閉面形状を制御する方法を開発した.さらに,デザイナが好ましいとする曲面の評価基準を導入し,これを満足する曲面生成法を開発した.曲面の評価基準は,ハイライト線(シルエットパタン)の投影方向における線長あたりの曲率自乗値である.縮閉面を規定するパラメタをこの値が最小とするよう定めることにより,従来の薄板の曲げエネルギ値と比べて,滑らかな曲面を直接規定することができる.さらに,デザイナがハイライト線を指定した場合には,この線に近づくように曲面を定めることもできた.

[発表]
・B1−(1)項参照(件数2)


[戻る]