機構全般

As of

マニピュレータ要素 | 多相空気流を用いた搬送法 | 近接場音響粘性流を利用した搬送法 | 圧電ブレーキ | 直動型筋動的機能評価装置 | プローブ保持機構差動フリクションドライブ機構 | アクチュエータ


マイクロマニピュレータ要素

  1. Katsushi Furutani, Taizo Makino: Tweezers for Micromanipulation with Grasp Detection of Small Object, Proceedings of ASME 2010 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, Montreal, Quebec, Canada, DETC2010-28229, pp. 1-7 (2010)
  2. 古谷克司,牧野泰三:微小物体の把持検出機能を持つマイクロマニピュレーション用ピンセット,第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,北九州市門司区,pp. 240-243 (2010)

Topへ


多相空気流を用いた搬送法

  1. 古谷克司,中村祐介,瓜田明:多相空気流を用いた薄板の非接触搬送法,電気学会論文誌C,137,9,pp. 1145-1152 (2017).
  2. Katsushi Furutani, Yusuke Nakamura, Akira Urita: Non-contact transfer method of thin plate using multiphase air flow, Proceedings of euspen’s 17th International Conference and Exhibition, Hannover, Germany, pp. 425-426 (2017) .
  3. 古谷克司,中村祐介,瓜田明:多相空気流を用いた薄板の非接触搬送法(第2報)双方向への搬送, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,横浜市港北区,pp. 169-170 (2017).
  4. 古谷克司,中村祐介,瓜田明:多相空気流を用いた薄板の非接触双方向搬送法,第21回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,北海道,函館市,pp. 105-108 (2016).
  5. 古谷克司,中村祐介:多相空気流を用いた薄板の非接触搬送法の基本構想, 第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,長崎県佐世保市,pp. 69-70 (2015).
  6. 古谷克司,中村祐介:多相空気流を用いた薄板の非接触搬送(第1報)基本構想, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,東京都文京区,pp. 613-614 (2015).

Topへ


近接場音響粘性流を利用した搬送法

  1. 古谷克司,小野政貴:超音波近接場浮揚を利用した2次元搬送法における駆動力の発生メカニズム,日本AEM学会,23,2,pp. 414-421 (2015).
  2. Katsushi Furutani, Masataka Ono: Development of Transfer Device with Damper for Suppression of Reflected Wave, Proceedings of 5th International Conference on Positioning Technology, pp. 27-30 (2012)
  3. Katsushi Furutani, Masataka Ono: Mechanism of Driving Force Generation in Two-Dimensional Non-Contact Transfer Method by Near-Field Ultrasonic Levitation, Proceedings of 27th Annual Meeting of American Society for Precision Engineering, San Diego, California, USA, pp. 198-201 (2012).
  4. 古谷克司,小野政貴:超音波浮揚を利用した搬送装置の開発(第2報)減衰機構による反射波の低減, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,東京都八王子市,pp. 1135-1136 (2012).
  5. 古谷克司,小野政貴:超音波近接場音波浮揚を利用した2次元非接触搬送法における駆動力の発生メカニズム, 平成23年度電気学会産業応用部門大会講演論文集,pp. III-279-III-282 (2011)
  6. Katsushi Furutani, Masataka Ono: Fundamental experiments of transfer device using ultrasonic levitation, Proceedings of 14th European Conference on Power Electronics and Applications, Birmingham, UK, 0090, pp. 1-10 (2011).
  7. 小野政貴,古谷克司:超音波浮揚を利用した搬送法の提案,第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,長野市,pp. 403-406 (2009)
  8. 小野政貴,古谷克司:超音波浮揚を利用した搬送装置の開発(第1報)構想と基礎実験, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,東京都文京区,pp. 653-654 (2009)

Topへ


圧電アクチュエータを用いたブレーキ機構

  1. 古谷克司,波多野誠,金山尚樹:圧電アクチュエータを用いた一方向ブレーキ機構,精密工学会誌,72,3,pp. 377-381 (2006).
  2. Katsushi Furutani, Makoto Hatano, Naoki Kanayama: One-way Brake Mechanism Using Piezoelectric Actuator, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, Niagara Falls, Ontario, Canada, 1235-1240 (2005).
  3. 古谷克司,波多野誠,金山尚樹:圧電アクチュエータを用いた一方向ブレーキ機構,第17回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,高知市,pp. 503-506 (2005).
  4. 波多野誠,古谷克司,金山尚樹:大きな制動力を得るための圧電アクチュエータを用いた一方向ブレーキ機構,日本機械学会・ロボティクス・メカトロニクス講演会'04講演論文集,名古屋市天白区,pp. 2A1-L1-58(1)-2A1-L1-58(4) (2004)

Topへ


直動型筋動的機能評価装置

  1. Katsushi Furutani, Hiroshi Tachi, Mitsuru Saito: Linear Measurement and Training Device for Leg Evaluation, International Journal of Automation Technology, 3, 3, pp. 298-303 (2009)
  2. 斉藤満,古谷克司,城宏:軽強度自転車運動時の下肢筋血流に及ぼす下半身陰圧負荷の影響,日本運動生理学雑誌,12,1,pp. 13-21 (2005).
  3. Katsushi Furutani, Hiroshi Tachi, Mitsuru Saito: Linear Type Measuring Machine for Characteristic Evaluation of Leg, Proceedings of 4th International Symposium on Linear Drives for Industry Applications, Birmingham, UK, pp. 493-496 (2003).
  4. 古谷克司、城宏、斉藤満:直動型測定機による脚の機能評価の試み、第45回自動制御連合講演会講演論文集、仙台市青葉区、pp. 335-336 (2002)
  5. 城宏、古谷克司、斉藤満:脚の動的機能評価のための直動型測定機の試作、第44回自動制御連合講演会前刷、横浜市港北区、pp. 82-83 (2001)

Topへ


プローブ保持機構

  1. Katsushi Furutani, Kenji Iwamoto, Hideki Takezawa, Naotake Mohri: Multiple Degrees-of-Freedom Arm with Passive Joints for On-the-Machine Measurement System by Calibrating with Geometrical Solids, Precision Engineering, 23, 2, pp. 133-125 (1999)
  2. 岩本謙治, 古谷克司, 毛利尚武: 球体校正法による機上計測(第4報)−プローブ保持用アームの性能評価と実計測への適用−, 1996年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 茨城県水戸市, pp. 981-982 (1996)
  3. Kenji Iwamoto, Katsushi Furutani, Naotake Mohri: A Robot Arm with Passive Joints for On-the-machine Measurement, Proceedings of 4th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision (ICARCV'96), Westin Stamford, Singapore, 3, pp. 1646-1650 (1996)
  4. 古谷克司, 岩本謙治, 毛利尚武: 球体校正法による機上三次元形状計測(第2報)−受動関節を持つプローブ保持用多自由度アーム−, 精密工学会誌, 64, 1, pp. 79-83 (1998) ,
  5. 岩本謙治 古谷克司, 毛利尚武: 立体を校正基準とする機上計測システムの開発(プローブ保持用多関節アームの開発), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'96講演論文集, 山口県宇部市, A, pp. 662-665 (1996)
  6. 岩本謙治 , 古谷克司, 毛利尚武: 球体校正法による機上計測(3)プローブ保持用多関節アームの試作, 1996年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京都世田谷区, pp. 667-668 (1996)
  7. 岩本謙治 , 古谷克司, 毛利尚武: 球体較正法による機上計測(2)プローブ姿勢変更用フレキシブルアームの試作, 1995年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京都調布市, pp. 1045-1046 (1995)

Topへ


差動フリクションドライブ機構

  1. Katsushi Furutani, Masumu Sato, Toshiya Takasu, Toshio Enami, Naotake Mohri: Basic Performance of Differential Friction Drive Mechanism, Proceedings of 4th Japan-France Congress and 2nd Asia-Europe Congress on Mechatronics, Kitakyushu, Japan, 1, pp. 102-107 (1998)
  2. 佐藤益矛, 江南俊夫, 古谷克司, 毛利尚武: 差動型アクチュエータの研究(第7報)差動型フリクションドライブ機構の基本特性, 1996年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 東京都世田谷区, pp. 857-858 (1996)
  3. 高須俊弥, 佐藤益矛, 江南俊夫, 古谷克司, 毛利尚武: 差動型フリクションドライブ機構の基本特性, 第8回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム講演論文集, 東京都北区, pp. 199-202 (1996)
  4. 高須俊弥, 佐藤益矛, 江南俊夫, 古谷克司, 毛利尚武: 差動型フリクションドライブ機構の開発,日本機械学会, ロボティクス・メカトロニクス講演会’96講演論文集, 山口県宇部市, B, pp. 889-892 (1996)

Topへ


アクチュエータ

  1. 古谷克司:真空用アクチュエータ,第28回日本ロボット学会学術講演会講演論文集,名古屋市昭和区,RSJ2010AC1N2-1, pp. 1-4 (2010)

Topへ


論文リストのトップページへ

by Katsushi Furutani