総説・解説

As of

2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2008 | 2007 |2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2000 | 1997


<2017>

  1. 金子健正,古谷克司:モリブデンの放電加工における結晶粒界成長抑制によるクラックレス化,砥粒加工学会誌,61,3,pp. 133-136 (2017).

Topへ


<2016>

  1. 古谷克司:ISEM XVIIIレビュー 付加製造技術,電解放電加工,超音波加工,電着セッション, 電気加工学会誌,50,125,pp. 190-193 (2016).
  2. 金子健正,古谷克司:モリブデンのクラックレス放電加工技術,電気加工学会誌,50,123,pp. 28-35 (2016).

Topへ


<2015>

  1. 古谷克司:位置決め装置のためのアクチュエータ技術,インターラボ,114,pp. 26-41 (2015).

Topへ


<2014>

  1. 古谷克司:アクチュエータの技術動向,自動化推進,43,1,pp. 2-5 (2014).

Topへ


<2013>

  1. 古谷克司:次世代アクチュエータの研究動向,機械の研究,65,8,pp. 642-649 (2013).

Topへ


<2009>

  1. 古谷克司:圧電アクチュエータとその応用デバイス,2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,東京都文京区, pp. 941-942 (2009)

Topへ


<2008>

  1. 古谷克司:電気加工ビギナーのためのリレー講義(その8)力の測定,電気加工学会誌,42,101,pp. 145-149 (2008)
  2. 古谷克司:電流パルスを用いた圧電アクチュエータの駆動法,日本機械学会2008年度年次大会講演資料集,横浜市保土ヶ谷区,9,pp. 121-122 (2008)

Topへ


<2007>

  1. 古谷克司:非鉛圧電アクチュエータの技術動向と応用,日本AEM学会誌,15,4,pp. 391-398 (2007)

Topへ


<2006>

  1. Yoshitaka Mieda, Katsushi Furutani: Micromanipulation using the backflow effect in liquid crystals, SPIE Newsroom (Web), 10.1117/2.1200605.0235, pp. 1/2-2/2 (2006)
  2. 古谷克司:次世代アクチュエータの最新動向,機械設計,50,9,pp. 47-51 (2006)
  3. 古谷克司:圧電効果を用いたセンサ,計測と制御,45, 4, pp. 296-301 (2006)
  4. 古谷克司:圧電アクチュエータ − 精密位置決めへの応用,精密工学会誌,72,4,pp. 449-452 (2006)
  5. 古谷克司:圧電アクチュエータ技術の動向と将来展望,Material Stage,5,12,pp. 37-42 (2006)

Topへ


<2005>

  1. 古谷克司:圧電アクチュエータの開発動向,主要機械要素選定ガイド,機械設計2005年4月号別冊,49,6,pp. 60-63 (2005)

Topへ


<2004>

  1. 古谷克司:圧電アクチュエータの技術動向,機械設計,48,4,pp. 22-25 (2004)

Topへ


<2003>

古谷克司,岩附信行:圧電アクチュエータの動向と将来展望,2003年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,富山市,pp. 624-625 (2003).

Topへ


<2000>

  1. 古谷克司:動圧を利用した研削砥石磨耗のインプロセス測定、砥粒加工学会誌、44、3、pp. 116-117 (2000)
  2. 古谷克司:型作りにおける高精度・微細加工、型技術、15、1、pp. 42-45 (2000)

Topへ


<1997>

  1. 古谷克司: 圧電素子のヒステリシスのモデル化と制御への応用, 1997年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 神戸市灘区, pp. 575-576 (1997)

Topへ


論文リストのトップページへ

by Katsushi Furutani