経歴


学歴 | 職歴 | 賞罰 | 所属学会 | 現在の専門 | 免許・資格


氏名   古谷克司(ふるたに・かつし)

生年 昭和40(1965)年

大学の公式ページの紹介


学歴

年月

項目

昭和56(1981)年 3月 兵庫県西脇市立西脇東中学校卒業
昭和56(1981)年 4月 国立明石工業高等専門学校電気工学科入学
昭和61(1986)年 3月 同卒業
昭和61(1986)年 4月 東京大学工学部後期課程特別編入学(精密機械工学科)
平成元(1989)年 3月 同卒業
平成元(1989)年 4月 東京大学大学院修士課程入学(工学系研究科精密機械工学専攻)
平成 3(1991)年 3月 同修了
平成 6(1994)年 9月 東京大学より博士(工学)の学位を授与される

論文題目「圧電素子を利用した放電加工用小型電極送り機構に関する研究」

 

職歴

年月

項目

平成 3(1991)年 4月 東京工業大学精密工学研究所文部教官助手(共通部門)に採用
平成 4(1992)年 3月 同退職
平成 4(1992)年 4月 学校法人トヨタ学園豊田工業大学工学部教育職員助手(機械システム工学科)に採用
平成 7(1995)年 4月 同講師に昇任 (組織変更により大学院工学研究科に移る)
平成 7(1995)年 6月 アメリカ合衆国・カリフォルニア工科大学客員研究員(平成7(1995)年12月まで兼任)
平成10(1998)年 4月 同助教授に昇任
平成12(2000)年 4月 組織変更により工学部機械システム工学科
平成13(2001)年 4月 組織変更により工学部先端工学基礎学科
平成19(2007)年 4月 同教授に昇任(現在に至る)
平成13(2001)年 長岡技術科学大学工学部非常勤講師(平成13(2001)年度のみ兼任)
平成16(2004)年 4月 独立行政法人宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究本部・宇宙探査工学研究系客員助教授(平成18(2006)年3月まで兼任)
平成22(2010)年- 南山大学非常勤講師(兼任)
平成22(2010)年 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻非常勤講師(兼任)
平成23(2011)年 愛知大学非常勤講師(兼任) (2012年度まで)
平成24(2012)年 愛知学院大学非常勤講師(兼任)
平成26(2014)年 名古屋大学大学院工学研究科非常勤講師(兼任)

 

賞罰

年月

項目

平成 5(1993)年 3月 財団法人高度自動化技術振興財団・高度自動化技術振興賞(奨励賞)「超小型放電加工機の開発・精密工学会誌、57巻5号」
平成 9(1997)年 3月 社団法人精密工学会・1997年度春季大会学術講演会・ベストオーガナイザー賞 「微細放電加工」
平成 9(1997)年11月 社団法人電気加工学会・電気加工学会全国大会賞「形状フィードバック型精密加工システムの自動化」
平成10(1998)年 3月 社団法人精密工学会・1998年度春季大会学術講演会・ベストオーガナイザー賞「パラレルメカニズム」
平成10(1998)年 6月 財団法人工作機械技術振興財団・第19次工作機械技術振興賞「絶縁性セラミックスの放電加工プロセス・精密工学会誌、63巻9号」
平成11(1999)年 3月 社団法人精密工学会・精密工学会論文賞「ワイヤ電極振動に及ぼす単発放電衝撃力の影響・精密工学会誌64巻2号」
平成13(2001)年 3月 社団法人電気加工学会・電気加工学会全国大会賞「細線電極を用いた放電加工における極間現象」
平成14(2002)年 3月 社団法人精密工学会・精密工学会論文賞「単発放電による微細電極の瞬時成形(第1報)―先端微細化現象と成形電極の応用―・精密工学会誌67巻8号」
平成19(2007)年 9月 社団法人精密工学会・2007年度精密工学会秋季大会学術講演会・ベストオーガナイザー賞「圧電アクチュエータとその応用デバイス」
平成20(2008)年11月 日本AEM学会・日本AEM学会著作賞「無鉛圧電セラミックスデバイス」(養賢堂)
平成21(2009)年11月 日本AEM学会・日本AEM学会論文賞「惑星探査のための小型振動加工機の基本構成」
平成23(2011)年10月 豊田工業大学平成23年度前期プラクティス優秀賞「プロトタイピング実習1(NC旋盤)」
平成24(2012)年3月 平成23年度永井科学技術財団賞・学術賞
平成25(2013)年5月 平成25年度日本機械学会・機素潤滑設計部門・業績賞
平成27(2015)年11月 日本AEM学会・日本AEM学会論文賞 「超音波近接場浮揚を利用した2次元搬送法における駆動力の発生メカニズム」

 

所属学会

電気学会(上級会員)

精密工学会(正会員)

  代議員

  東海支部幹事・商議員

    超精密位置決め技術専門委員会(幹事)

    マイクロ生産加工システム専門委員会(委員)

計測自動制御学会(正会員)

電気加工学会(正員)

  理事

    東海支部支部長,幹事

日本AEM学会(正会員)

  理事

日本機械学会(正会員)

  Mechanical Engineering Journal (JSME), Transactions of the JSME, Associate Editor

  アクチュエータシステム技術企画委員会・委員

American Society for Precision Engineering (Regular member)

  Precision Engineering, Associate Editor

 

現在の専門

メカトロニクス(精密機構、精密機械要素)、精密加工学、精密測定

 

免許・資格

年月

項目

昭和55(1980)年 8月 電話級アマチュア無線技士
昭和58(1983)年 2月 第二種情報処理技術者
昭和58(1983)年12月 電気工事士
昭和59(1984)年 8月 普通自動車一種運転免許
昭和59(1984)年11月 第三種電気主任技術者
平成元(1989)年11月 実用英語検定2級
平成 7(1995)年 7月 アメリカ合衆国カリフォルニア州自動車運転免許C級 (1998年9月まで)
平成26(2014)年 9月 第一級アマチュア無線技士

 

そのほか

朝日新聞社刊「大学ランキング2005」大学の発明者:43位

 


by Katsushi Furutani