液中放電による硬質粉体の分散を利用した砥粒層の形成

参考文献

1) H. K. Tonshoff, B. Karpuschewski, T. Mandrysch, I. Inasaki: Grinding Process Achievements and their Consequences on Machine Tools Challenges and Oppotunities, Ann. CIRP, 47, 2, pp. 651-668 (1998).

2) 二俣正美,田牧純一,奥山貴朗,成田 潔:新しいメタルボンド砥石の創製への溶射法の応用(ニッケルメッキアルミナ砥粒の適用),溶接学会全国大会講演概要,pp. 114-115 (1997).

3) 屋良秀夫:HVOF法による砥石創製に関する研究,大阪大学接合科科学研究所共同計画報告,pp. 196-197 (1999).

4) 前川克廣,横山雄一,大島郁也,飯田伸一:グリーンテープレーザ焼結法による研削・研磨工具のラピッドプロダクション,1999年度精密工学会春季学術講演会講演論文集,p. 725 (1999).

5) 林 博,長柄毅一:放電プラズマ焼結技術を用いた超砥粒砥石の開発-第2報絶縁体微粉焼結,1998年度精密工学会春季学術講演会講演論文集,p. 283 (1998).

6) 大森整,木村貴紀,H. Jeong:凍結砥石の製造とそれによる鏡面研削効果,砥粒加工学会学術講演会講演論文集,pp. 191-192 (1995).

7) 池野順一,谷泰弘:電気泳動現象を利用した超微粒砥石の開発とその応用,日本機械学会論文集(C編),57,535,pp. 367-372 (1991).

8) 杉下潤二,石井正巳,河端則次:遠心鋳造法によるアルミニウム合金基ダイヤモンド砥石の製作とその研削特性,精密工学会誌,54,3,pp. 493-499 (1988).

9) 小菅 守,毛利尚武,古谷克司,太田 勝,増沢隆久,鈴木政幸:走行ワイヤ工具の表面処理と複合加工への応用,電気加工学会全国大会(1999)講演論文集,pp. 29-32 (1999).

10) N. Mohri, N. Saito, Y. Tsunekawa:Metal Surface Modification by Electrical Discharge Machining with Composite Electrode, Manufacturing Technology Annals of CIRP, 42,1,pp. 219-222 (1993).

11) 河村末久,矢野章成,樋口誠宏,杉田忠彰:研削加工と砥粒加工,共立出版,p. 5 (1984).

12) 臼井英治:切削・研削工学 下―研削加工―,共立出版,pp. 8-14 (1971).

13) M. S. Shunmugam, P. K. Philip, A. Gangadhar: Tribological Behaviour of an Electrodischarge Machined Surface with a Powder Metallurgy Bronze Electrode, Tribology International, 26, 2, pp. 109-113 (1993).

14) 毛呂俊夫,後藤昭弘,毛利尚武,齋藤長男,三宅秀孝,秋吉雅夫:TiH2圧粉体電極による放電表面改質の研究,電気加工学会誌,35,78,pp. 26-33 (2001).

15) 砂田洋尚,渡辺一樹,毛呂俊夫,後藤昭弘,吉田 学:放電表面処理技術の各種金型への適用検討,型技術,15,13,pp. 60-61 (2000).

16) 毛呂俊夫,後藤昭弘,毛利尚武,齋藤長男,松川公映,三宅英孝:放電加工による表面改質ドリルの実用化研究,精密工学会誌,68,8,pp. 1062-1066 (2002).

17) 武沢英樹,古谷克司,毛利尚武:形状フィードバック型精密加工システムの開発(第1報)-基本概念と修正加工例-,精密工学会誌,65,3,pp. 406-410 (1999).

18) Y. Hagiuda, T. Nakagawa, K. Karikomi: Manufacture of a Sintered Cast Iron Lapping Plate with Fixed Abrasives and Its Lapping Ability, Ann. CIRP, 30, 1, pp. 227-230 (1981).

19) 中川威雄,木村正夫,鈴木 清:研削ファイバをマトリックスとするダイヤモンド砥石の製造,昭和61年精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,pp. 633-636 (1986).

20) 吉岡義邦,毛利尚武,齋藤長男,恒川好樹,古谷克司:放電表面改質における形成膜の特性について,電気加工学会全国大会(1994)講演論文集,pp. 55-58 (1994).

21) 鈴木政幸,毛利尚武,齋藤長男,武沢英樹:放電加工における電極低消耗の研究(第1報)―放電除去現象の観察―,電気加工学会誌,26,52,pp. 47-55 (1992).

22) K. Furutani, A. Saneto, H. Takezawa, N. Mohri, H. Miyake: Accretion of Titanium Carbide by Electrical Discharge Machining with Powder Suspended in Working Fluid, Precis. Eng., 25, 2, pp. 138-144 (2001). 

23) 古谷克司,加藤知尚,毛利尚武:動圧を利用した湿式研削における砥石摩耗のインプロセス測定(第1報)―測定原理―,精密工学会誌,66,1,pp. 127-131 (2000).

24) K. Furutani, T. H. Ngyuen, N. Ohguro, T. Nakamura: Automatic Compensation for Grinding Wheel Wear by Pressure Based In-process Measurement in Wet Grinding, Precis. Eng., 27, 1, pp. 9-13 (2003).

25) 河村末久,矢野章成,樋口誠宏,杉田忠彰:研削加工と砥粒加工,共立出版,pp. 108-109 (1984).

26) 精密工学会編:精密加工実用便覧,日刊工業新聞社,pp. 343-345 (2000).


戻る

Last modified on 07/26/2003 at 08:46:30 by Katsushi Furutani