研究室紹介

研究室の概要
自動車、航空機などの輸送機器、携帯電話などの電子機器において、軽くて、優れた特性を発揮する材料が求められています。そのためには材料内部および表面や界面の機能を向上させたり、複数の機能を持たせたりする必要があります。本研究室では「プラズマ」、「超音波」、「高速噴流」などの手法を用い、材料内部や表面の特性を向上させるプロセスに関する研究を行っています。二酸化炭素排出量削減、省エネルギなど環境に配慮したプロセスの開発に関する研究も行っています。
研究室の特徴・方針
「よく学び、よく遊ぶ」これが研究室のモットーです。まずは自分のテーマを好きになり、そして目標を実現するためのさまざまな課題を、自分で出したアイデアで解決していくことを楽しんで下さい。失敗にめげず、成功を確信し、自らの工夫によって成功を得ていきます。そこで、研究室の仲間や教員との会話、意見交換などを通じて、自らが考える習慣をつけ、前向きな意見交換ができて、自分が考えたことは、計算や実験を通じて研究結果とするように、日々取り組んでいます。
研究室スタッフおよび学生
教授   奥宮正洋
助教    南部紘一郎
研究員  1名
学生   14名 (2017年度現在 学部5名、修士9名)