宗教に見る人間の尊厳の授業アンケートの結果の概要



 2006年度後期に他大学(南山大学)で開講された宗教に見る人間の尊厳について、授業アンケートの結果の概要を紹介します。質問項目の評価尺度は、次のような5段階です。
  5 はい
  4 どちらかと言えば、はい
  3 どちらとも言えない
  2 どちらかと言えば、いいえ
  1 いいえ
いずれの項目についても、学生の回答の平均値を示しておきます。但し、無回答は省略してあります。

1、授業の開始と終了の時間はきちんと守られていましたか。                      4.0
2、毎回の授業の構成や進行速度は適切なものでしたか。                        3.0
3、授業の到達目標ははっきりと示されていましたか。                         4.0
4、授業内容を知る上で、シラバス(授業科目履修案内)の記載は役に立ちましたか。           NA
5、教員の声や音声機器の音はよく聞き取れましたか。                         3.0
6、教員は学生の理解度に配慮し、学生の反応に気配りしながら、授業を進めましたか。          2.0
7、私語、携帯電話、遅刻などの授業の妨げになる学生の行為に対して、適切な対処がされていましたか。  2.0
8、教科書、板書、配布資料、視聴覚教材などは効果的でしたか。                    3.0
9、学生の学習意欲を引き出し、積極的な授業参加を促すような工夫はありましたか。           2.0
10、自主的・発展的に学習を進めることができるように、適切な指導・情報提供がありましたか。      3.0
11、質問や相談の機会が、十分に設けられていましたか。                        2.0
12、担当教員の授業に取り組む姿勢に誠実さ、真剣さを感じることができましたか。            3.0
13、この授業はあなたの知的好奇心を満たしましたか。                         1.0
14、この授業を通して、新しい知識を得たり、理解が深まったと感じますか。               2.0
15、全体として、あなたはこの授業に満足しましたか。                         2.0



  • 表紙にもどる