キーフ:その他

独立広場

われわれの訪問の約4ヶ月後、「オレンジ革命」(大統領選の投票結果をめぐる問題に端を発した民主化運動)の舞台になった。

独立広場

黄金の門

1037年に建設されたといわれる、「ヤロスラフのまち」の正門。
1982年のキーフ建都1500年に合わせて復元され、現在のような外観になった。

黄金の門

デシャチンナ(デシャチンナヤ、十分の一税)教会跡

996年、ウラジーミル聖公(キエフ公在位980〜1015年)によって建設されたといわれる、ルーシ初の石造教会。

デシャチンナ(デシャチンナヤ、十分の一税)教会跡

民族建築と風俗の博物館

ウクライナ各地から集められた16〜20世紀の建造物と民芸品が展示されている。

民族建築と風俗の博物館

ドニプロ川から望むスタロキーフシカ丘

ドニプロ川から望むスタロキーフシカ丘

自然史博物館内の考古学関係展示

考古学研究所に所属する展示で、先史時代から中世までの多くの考古学遺物が展示されている。

自然史博物館内の考古学関係展示

キリロフシカ(キリロフスカヤ)教会

1140年頃、チェルニゴフ公フセヴォロド・オリゴヴィチにより同名の修道院が創設された際、この教会も建設された。
フセヴォロド公の妻や息子がここに埋葬された。

キリロフシカ(キリロフスカヤ)教会

キリロフシカ教会内のフレスコ画

М・А・ヴルーベリの手による。
ヴルーベリ(1856年生まれ、1910年没。1884〜89年キーフ在住)は、トレチャコフ美術館(モスクワ)所蔵『座せるデーモン』などの作品で知られる画家。

キリロフシカ教会内のフレスコ画

イスタンブールにて

バックは「コンスタンティノープル」の聖ソフィア大聖堂。

イスタンブールにて


目次へ