Welcome to the Quantum Interface Laboratory, TTI

ガラススライド上にスピンコートされたコロイダル CdSe 量子ドットの顕微PL像。
各々のドットの蛍光色は量子閉じ込めによるナノ粒子の大きさを反映したもの。
(三菱化学と理研との共同研究)

当研究室では、量子構造・ナノ構造の表面界面の電子物性を研究しております。

 当研究室では、半導体を中心としたナノ・量子構造体を作製し、その表面・界面の電子物性を研究し、
光・電子デバイス、触媒、と云った多岐に渡る機能を持った材料の開発を目指しております。

 ナノ・量子構造体、と、触媒、と云うと大きく異なるものの様に思われるかも知れませんが、同じ
物質であっても、表面界面を制御して作製することにより、どちらの機能をも持つことがあります。。