豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

教育活動における取り組み

「先端ハイブリッド工学」構想の精神は、芯になる高度の専門性を身につけ、しかも柔軟かつ広い視野でものを考えられる学生を育てようとするものです。 こうした構想のもと、学生の個性に合わせてさまざまな履修アドバイスを行える体制を整えています。 2012年度には学部カリキュラム、2016年度には大学院修士課程のカリキュラムを改訂、また、南山大学との連携、英語教育への充実など将来の人材育成に向けてのさまざまな取り組みを進めています。

FDへの取り組み

FD(Faculty Development)とは

FD(Faculty Development)とは、「教員が、授業内容・方法を改善し、向上させるための組織的な取組の総称」を示すもので、専門職大学院では2003年度より、大学院では2007年度より、学部では2008年度より実施を義務付けられています。

本学の取り組み

本学の取り組み

国際化、多様化する社会において、大学の果たすべき役割も大きく変わりつつあります。
そのような時代背景を受け、本学も「社会により開かれ、密接に結びついた大学」を目指し、教員の資質(教育、研究、管理、社会奉仕等に必要な専門能力)の維持・向上を狙った取り組みを教務委員会を中心に行っています。
これまでに外部の専門家を招いた講演会や教育談話会の開催、授業の公開、教育優秀表彰などを実施してきました。今後も教員の一層の資質向上を目指し、多様な方策の導入、地道な活動を継続していきます。

これまでの取り組み

文部科学省による教育改革の支援

文部科学省では、大学教育改革への取り組みの促進、高等教育の更なる活性化をはかることを目的として、国公私立大学を通じた競争原理に基づき、各大学が取り組む教育プロジェクトクトの中から、優れた取り組みを選定し、重点的な財政支援を行っています。 本学では、これまでに以下のプログラムに採択されました。

その他