豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

研究活動における取り組み

研究のより一層の活性化は急務であり、現在最大限の努力をしているところです。 学内の研究活動を支援する、学内競争的資金制度の整備やTTIドリームファンドの制定など、個々の研究環境の最適化を図るだけでなく、 豊田佐吉翁の言葉「研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし」に象徴されるユニークな研究と学問の場を実現するために 従来の学問分野を継続するのではなく、将来の新しい学問を作る研究分野や若手研究者に機会を与える「リサーチ・ファカルティー制度」を 平成16年度に導入するなど、様々な切り口から研究の活性化を進めています。

TTIドリームファンドの設置

産学連携をより推進するために設立されたのが「TTIドリームファンド」。 大学における研究成果の実用化のためには特許やアイデアにさらに工夫を加え、商品プロトタイプを開発し、企業の商品化への道筋をつけることが必要。 そこで一定の基準を満たす企業との共同研究には、大学が開発費を支援するというのがこの制度。 これにより、大学と企業が資金面でも協力し、さらに積極的に研究を進めていくことができるようになります

リサーチ・ファカルティ-制度

若手研究者が既成の組織・講座制・ユニット制の枠にとらわれず研究活動ができる環境づくりを通じて、若手教員の育成と人事を活性化することを目的とし、学内提案型研究活動推進制度としてリサーチ・ファカルティー制度を創設しました。リサーチ・ファカルティーに採用されると、研究教員の称号が付与され、研究費の拡大支給、PD研究員の雇用などの支援が受けられます。

その他の研究・奨励プログラム

本学では、限りある研究費を有効に活用し、より魅力ある研究活動を支援するために経常研究費の他に以下の学内競争的資金制度が整っています。

  • 特別研究費
  • 研究促進費(2008年度より創設)