豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

工学部

学部においては、「基礎を重視した分野横断型の教育と体験的教育を行うことにより、社会人としての基礎力と国際的な視野を持ち、多様な課題に挑戦し克服できる学識と創造性を備えた技術者・研究者を育成すること。」を教育目標として、次の基本方針に基づいてカリキュラムを編成している。

  • 高水準の工学基礎科目を充実し、工学の幅広い分野で通用する基礎的能力を培う。
  • 機械システム、電子情報、物質工学の各分野の専門科目をバランスよく開設し、各人の将来に即した一定の専門的素養を身につけさせるとともに、専門外の分野にも視野を広げさせる。
  • 英語を中心とした外国語科目と教養科目を適切に開設し、コミュニケーション能力と幅広い見方、考え方を身につけさせる。
  • 実験、実習、演習等を適切に開設し、少人数指導体制で体験的に学ぶ機会を充実させる。
  • 学生が自分の志向、能力、適性に応じて自ら選択できるカリキュラム構成とし、自主性と積極性を促す。
  • より高度な教育・研究に対応できる力を養成する。

大学院工学研究科修士課程

修士課程においては、「基礎および専門性を重視した分野横断型の教育と体験的教育を行うことにより、科学技術の多様な進展に対応できる研究開発能力を備え、国際的に通用する技術者・研究者を育成すること。」を教育目標として、次の基本方針に基づいてカリキュラムを編成している。

  • 将来の技術革新にも対応できる幅広い専門基礎知識を修得させ、その基盤の上に各分野の専門知識を培う。
  • 充実した指導のもとに、専門知識を活かした高度な研究を行わせる。
  • 実習科目を充実させ、高度な研究開発活動を体験し、コミュニケーション能力を培う。
  • グローバル感覚を養成し、国際的に活躍できる技術者・研究者の素養を磨く。
  • より高度な教育・研究に対応できる力を養成する。

大学院工学研究科博士後期課程

博士(後期)課程においては、「高度な専門性を重視した教育と体験的教育を行うことにより、先端的専門分野に留まらず、新しい境界領域を切り拓くリーダーとして、国際的に十分活躍できる技術者・研究者を育成すること。」を教育目標として、次の基本方針に基づいてカリキュラムを編成している。

  • 入学前の経歴、学修状況を踏まえ、学生ごとに「個別履修プログラム」を作成して、きめ細かな教育を行う。
  • 先進的な工学研究遂行に必要な豊かな学識を習得させ、高度で独創的な研究能力を養う。
  • 実習科目を開設して幅広い視野を涵養し、課題開拓能力、問題解決能力、コミュニケーション能力、マネジメント能力を養う。
  • 国内外で研究発表する機会を設け、論文作成能力、国際的な場での研究成果の発表能力を養う。