豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

【大型研究プロジェクト】文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業先進触媒開発研究センター

【大型研究プロジェクト】文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 先進触媒開発研究センター

プロジェクト概要

研究プロジェクトの意義・目的

研究プロジェクトの意義・目的

日本や世界を取り巻く資源や環境、エネルギー情勢から、化石燃料に替わるエネルギー源の多様化と自給率向上が,また,物質を合成する際には元素戦略に立脚した製造プロセスへの転換が求められています。
本研究プロジェクトは、水素を中心とする炭素、窒素、酸素、ケイ素との元素間結合の活性化と切断、さらに新たな結合生成反応の高度制御を「デザインされた高機能金属触媒」により達成し、これからの低炭素社会を支える再生可能エネルギーを有効活用した新たなエネルギーの生成・貯蔵・供給システムの開発と、有用物質の効率的な合成を目指すものです。
水素関連化合物の合成、およびこれらを用いた効率的反応を可能とする「触媒」を開発することで、国が推進する水素社会や元素戦略に大きく貢献できると考えています。

センター長
本山 幸弘

研究メンバー

  • 本山 幸弘
  • 大下 祥雄
  • 吉村 雅満・原 正則
  • 山方 啓
  • 田代 孝二