豊田工業大学

English
HOME 総合案内 教育プログラム(大学、修士・博士後期課程) 研究活動・施設
2006年度 文部科学省 魅力ある大学院教育イニシアティブ 採択「専門英語の積極的導入による先端的工学教育」

「専門英語の積極的導入による先端的工学教育」取組内容

 この取組みでは、「工学分野の知識に加えて専門英語を十分習得し、外国人と専門分野に関して対等に会話できる能力を具備し、情報交換・収集ができる国際的技術者・研究者」の育成を目指した教育プログラムの開発・構築を進めることとています。  具体的な取組内容は次のとおりで、いずれも平成14年度以来本学が目指してきた、「国際水準の大学院教育」の思想に基づき、平成18年度から見直し・強化した教育内容を基盤とした取組みです。

(1)工学分野における専門英語教育プロジェクト(理工英語等の実用英語科目、英語による専門科目の授業、ネイティブ教員による日常会話レッスン 等)

(2)全学生参加型海外特別演習プロジェクト(工学実験、語学研修プログラムを組み合わせた「修士海外特別演習」)

(3)海外連携大学とのダブル・ディグリープロジェクト(TTI-C、アリゾナ大学等への留学で複数大学の学位を取得)

また、TTI-Cの教員によるインターネット遠隔授業「機械学習入門」を正規の授業科目とするため、補助事業として「遠隔授業用e-learning教室」を設置するとともに、TTI-C側にも所要の設備を導入しました。


以下に、計画調書に記載した事業内容を紹介します。
  1. →事業の大学全体としての位置付け
  2. →これまでの教育研究活動の状況
  3. →「魅力ある大学院教育」に向けての取組計画
  4. →教育指導・研究指導の全体像と特徴


下図は、プログラムの概要を図示したものです

本プログラムの全体像 学部・大学院一貫教育と英語教育強化 工学・英語融合教育を目指す本プログラム 本プログラムの実現性と期待される成果


ページトップへ戻る

交通アクセス サイトマップ TTI at Chicago 豊田工業大学 このページの本文へ