豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

TTI-C(Toyota Technological Institute at Chicago)の概要

「情報基礎理論」の充実を目指して開設。

TTI-Cの入るサウス・ケンウッド・ビルディング(シカゴ大学内)
TTI-Cの入るサウス・ケンウッド・ビルディング(シカゴ大学内)

TTI-Cは、豊田工業大学の姉妹校として大学院情報援用工学専攻「情報基礎理論」の分野をさらに強化、充実するため、2003年に設立されました。

キャンパスはシカゴ大学構内にあり、この分野で最先端のレベルを誇るシカゴ大学と共同で研究・教育を行っています。
現在の主な取り組みは「情報科学基礎理論」、「機械学習」、「ロボティクス」、「コンピュータビジョン」、「計算生物学」、「音声言語処理」の6カテゴリーです。

TTI-Cの概略

場所 シカゴ大学内サウス・ケンウッド・ビルディング内4、5階(約2,600㎡)
形態 本学との連携大学院大学
米国の大学としてイリノイ州認可を申請・取得
2009年秋、アクレディテーション協会の認証評価を取得
分野規模 本学の大学院情報援用工学専攻におけるコンピュータサイエンスの基礎を中心に、世界のトップレベルを狙う
現在約21名程度の教員を現地採用
連携協力 【本学】共同研究、教員の交流、留学生派遣・受け入れ
【シカゴ大学】共同研究、単位互換、施設提供、運営協力
教育 留学生として本学の大学院生を毎年数名派遣、現地学生を20名受け入れ