豊田工業大学

English
HOME 総合案内 教育プログラム(大学、修士・博士後期課程) 研究活動・施設

文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業/学術研究高度化推進事業について

 

 

  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成20年度開始)

 

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業とは、大学の経営戦略や研究戦略に基づき、各大学が特色を活かした研究を実施するため、その研究基盤の形成を支援する事業であり、もってわが国の科学技術の発展に資するものです。

 

次のいずれかの要件に該当する事業が対象となっています。

  ・先端的な研究で、今後の発展が期待できる事業

  ・優れた研究実績をあげ、今後とも継続的に発展が期待できる事業

  ・地域の発展に資するため地方公共団体、もしくは地域企業等との有機的な連携

   の下で行われる事業

  ・広く開かれた体制の下に研究と人材養成とを一体的に推進する事業

本学では現在以下の3センターが研究を進めています。

 

 

  私立大学学術研究高度化推進事業(平成23年度で終了)

 

 

私立大学学術研究高度化推進事業とは、我が国の高等教育機関の大部分を占める私立大学等における研究基盤の整備及び研究機能の高度化を図るため、重点的かつ総合的な支援を行うための事業です。

推進事業の内容・目的は次の様に分類されています。

ハイテクリサーチセンター整備事業 (平成8年度創設)
最先端の研究開発プロジェクトを実施する研究組織を「ハイテク・リサーチ・センター」に選定し、研究開発に必要な研究施設・設備・装置の整備に対し、重点的かつ総合的な支援を行う。


学術フロンティア推進事業 (平成9年度創設)
優れた研究実績を上げ、将来の研究発展が期待される卓越した研究組織を「学術フロンティア推進拠点」に選定し、内外の研究機関との共同研究に必要な施設・設備・装置の整備に対し、重点的かつ総合的な支援を行う。


社会連携研究推進事業 (平成17年度創設)
地域の活性化に資する実用性の高い又は萌芽的な研究について、地方自治体、NPO法人、企業との有機的な連携の下に行われ、研究成果が地域社会の振興に資する共同研究プロジェクトの実施に必要な研究施設・設備・装置の整備に対し、重点的かつ総合的な支援を行う。


オープン・リサーチ・センター整備事業 (平成13年度創設)
学外の幅広い人材を受け入れたり、研究成果等を広く公開(貴重な学術資料等の保存・公開を含む)するなど、オープンな体制の下で行われるプロジェクトの実施に必要な研究施設・設備・装備の整備に対し、重点的かつ総合的な支援を行う。

オープン・リサーチ・センター整備事業 (平成13年度創設)
学外の幅広い人材を受け入れたり、研究成果等を広く公開(貴重な学術資料等の保存・公開を含む)するなど、オープンな体制の下で行われるプロジェクトの実施に必要な研究施設・設備・装備の整備に対し、重点的かつ総合的な支援を行う。



ページトップへ戻る

交通アクセス サイトマップ TTI at Chicago 豊田工業大学 このページの本文へ