豊田工業大学

English
HOME 総合案内 教育プログラム(大学、修士・博士後期課程) 研究活動・施設

ニュース本文

ニュース掲載日:2016年9月22日

9月10日(土)、「デザインとモノづくり:計算機の活用から日本美の探究まで」をテーマに公開講座を開催した。

 

講師は、下田昌利教授(固体力学研究室)と大島誠教授(名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科)。

 

下田教授は製品の設計に欠かせない計算機や3Dプリンタをはじめとした形状デザイン技術の紹介と将来の展望について説明。

大島教授は海外様式を巧みに取り入れつつ、独自のデザインを生み出してきた日本美の特徴と、企業におけるデザインのグローバル化について解説した。

 

当日は、地域・一般の方々を中心に、本学の卒業生、教職員などの参加もあり、167名の参加があった。

参加者からは、「計算機によるデザイン技術の可能性を感じ取ることができた」、「日本のデザインの美しさを再認識した」などの感想があった。

 

公開講座は、本学の研究活動を広く紹介すべく、科学技術に関するテーマで毎年開催しており、昨年に引き続き、今年度も大学祭「天樹祭」開催初日の実施となった。

 

下田昌利教授

 

大島誠教授

 

会場の様子

 

 

 



交通アクセス サイトマップ TTI at Chicago 豊田工業大学 このページの本文へ