豊田工業大学 光機能物質研究室

光ファイバ増幅器および合分波器の開発により1990年代の光通信技術は大容量化に向け飛躍的に進歩し,実験室レベルでは10Tbit/s を超える超大容量通信が 可能になっている。今後は,単なるある地点から他の地点への情報伝達から光ルーティング機能を持った ネットワークによるフレキシビリティの高い大容量な情報伝達に移行しようとしている。ここで必要になるのが広帯域光増幅器のほか,波長変換,高速光スイッチ,波形整形等の光信号処理技術である。伝送路とのマッチングの良い光ファイバを利用した信号処理デバイスの研究が行われているが,効率に難点があり実用には程遠い状況にある。

研究室に新メンバーが加わりました

新年度が始まりました。当研究室にもやる気溢れるフレッシュな新メンバーが6名加わりました(うち1名はフランスからの研究生です)。メンバーの紹介はこちらをご覧下さい。

Nature Photonics Research Highlight: Upconversion nanocrystals

Appl. Phys. Express 5, 092601 (2012)

[pdf]

Nature Photonics Research Highlight: Stronger Nanofibres

Stronger Nanofibres

J. Lightwave Technol. 29, 1018–1025 (2011)

Technology review 2010: Scientists and engineers: A vital alliance

Suspended-core fibers have a small solid core with a large gas-filled region; if the core is small enough, it becomes a suspended nanowire, opening the door for interesting nonlinear optical effects. Scientists at Toyota Technological Institute (Nagoya, Japan) used a gas-pressure inflation technique to fabricate a suspended lead-silicate-glass-core nanofiber that has a diameter ratio of holey region to core of at least 62, a core diameter of 480 nm, and a length of several hundred meters (see Fig. 4).

Pages