豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

豊田工業大学 12の魅力

トヨタ自動車が設立

トヨタ自動車が設立

トヨタグループその他各社の支援のもと、産学一体となった教育・研究環境を整備

本学は、トヨタ自動車が社会貢献活動の一環として1981年に設立した大学です。単に学理に通じているだけでなく、未知の分野に果敢にチャレンジし、新しい道を切り拓いていく実践的な開発型技術者の育成が必要であるとの考え方をベースに教育体系を構築しています。

教育目標として、

  • 現実の問題に即しながら研究・開発を実践する創造的な人材
  • モノづくりの大切さを体得し実践していける人材
  • 新しいものに挑戦する風土を大切にする人材

の育成を通じて、社会に貢献することを目指しています。

授業料は60万円(年額)

授業料は60万円(年額)

国公立大学並みの学費で経済負担を軽減

本学では、トヨタ自動車より財政的支援を受けており、授業料は年額60万円に設定されています。初年度学納金は、授業料に加えて入学金(28.2万円)、教育充実・環境整備費(10万円)をあわて約98万円。2年次以降の学納金は年額70万円です。
※この他に保険料等が必要です。

工学部納付金
豊田工業大学 98万円
私立大学(理工系)平均 163万円
国立大学 82万円
  • ※本学:入学金+授業料+教育充実・環境整備費の合計
  • ※私立大学:2017年度日本私立大学団体連合会調査より
  • ※国立大学:文部科学省令で定める「標準額」(入学金+授業料)
  • ※金額は千円単位を四捨五入

専任教員1人あたりの学生数は約10人(少人数教育)

専任教員1人あたりの学生数は約10人(少人数教育)

講義・実習や就職指導で細やかな対応を実現

教員や他学生との交流を密にできる少人数での教育環境は、私塾のように学生一人ひとりに対する手厚いサポートができ、専門知識の修得だけにとどまらない、全人的教育が可能となっています。また、全ての学生が優れた研究施設で最先端の実験装置に触れながら学べるという点も特筆すべきメリットです。

少人数での教育環境

「機械システム」「電子情報」「物質工学」の全てを学ぶカリキュラム

「機械システム」「電子情報」「物質工学」全てを学ぶカリキュラム

3分野を全て履修する「ハイブリッド工学」を学ぶ

先端ハイブリッド工学

複雑化・複合化する科学・技術に対応するために、カリキュラムは3つの分野を横断的に学ぶという独自の概念「ハイブリッド工学」をベースに構成しています。新しい領域を切り拓くために必要な、柔軟な発想力や応用力、多角的な視点からの問題発見/解決力を育みます。
また、専門分野の決定は3年生になる時です。高校時より広い視野で工学を理解した上で、自身が修得したい専門知識を深く学ぶことが可能です。

第2の専門知識(副専攻)の修得

第2の専門知識(副専攻)の習得

2016年度学部卒業生の46%が第2の専門知識を修得

第2の専門分野(副専攻)の知識も修得可能

企業等の開発現場では、1つの専門分野の知識があればそれで通用するものではなく、関連する他領域の知識を活用して新しい技術や画期的な製品が開発されています。ハイブリッド工学(「機械」「電子情報」「物質」を広く学ぶカリキュラム)の特性を生かせば、第1の専門分野(主専攻)の知識を修得することはもちろん、第2の専門分野(副専攻)の知識を修得することが可能です。中には大学院修士課程も生かして3つ目の専門分野の知識の修得を目指している学生もいます。

各学年で豊富に設定されている実験・実習

各学年で豊富に設定されている実験・実習

「工作実習工場」「クリーンルーム」など充実した設備で工学実習

工学教育で大切なことは、学んだ工学知識を実験・実習を通じて体験的に理解すること。この考え方に基づき、各学年で実験・実習科目を充実させています。協力企業からの派遣講師による、質の高い指導が受けられることも魅力の一つです。
また民間企業と共同利用もしているクリーンルームでは、学部1年次よりICの製造工程における要素技術の修得や、太陽電池の製作など実践的な実習が行われています。

世界トップクラスの企業で行う学外実習(インターンシップ)

世界トップクラスの企業で行う学外学習(インターンシップ)

企業を舞台に全学生が履修する必修科目

2月から3月中旬にかけての1~1.5ヵ月にわたり、全学生が企業の製造・研究開発部門に赴き、工学と工業の関わりや、学んだ工学知識が企業現場でいかに応用されているかを学びます。実習テーマは学生1人に1テーマ。産業界で工学がどのように活用され、正解のない課題に対して、どのようにアプローチをすればよいのかを学ぶとともに、技術者はどのような役割を果たし、行動することが期待されているかを理解します。実習先企業はトヨタ自動車、デンソー、ダイキン工業、三菱電機、ヤマハ発動機など30社以上です。

学部4年間を通じて学ぶ英語

学部4年間を通じて学ぶ英語

工学の世界の共通語である「英語力」を強化

通常の英語講義に加えて、3年次からは英語論文の書き方やプレゼンテーション、TOEFL対策講座なども履修します。また「英語Step-Up Point制度」により、英語を利用する機会(TOEIC受験、英語スピーチコンテストなど)に参加することで得られるポイントを卒業までに合計で100ポイント得ることが求められます。こうした取り組みにより、4年間に渡って継続的かつ実践的な英語力の修得に力を入れています。

※学部2年終了までに135ポイントを獲得した学生に対し、海外英語演習への参加費用を大学が助成する制度があります。

海外研修への高い参加率

海外研修への高い参加率

学部生の12%、大学院修士課程生の26%が海外研修に参加(2016年度参加実績)

語学力の向上はもちろん、学生時代から世界に触れ、国際的な視野・感覚を身につけるべく、本学では海外研修への参加を促進しています。大学が費用を助成する多種の海外研修もあり、大学院修士課程生を対象とした海外インターンシップでは、一定の成績要件を満たした学生は、夏休み前後の2か月間、50万円までの費用補助を得ながら、海外での学修経験を積むことが可能です。

学生1人あたりの大学支出額は我が国トップクラス

学生1人あたりの大学支出額は我が国トップクラス

充実した教育・研究施設で最先端の研究に触れる

学生1人あたりの大学支出額は656万円/年(2016年度実績)という恵まれた環境を整備しています。産業界とのパイプが強い本学では、企業派遣講師による多数の講義(「デジタルカメラの製品設計」など)・実習(「トヨタ生産方式概論」など)があり、また多くの研究室が企業との共同研究に取り組むなど、学生は大学にいながら貴重な経験を積んでいます。また国の支援事業に採択されている複数の研究プロジェクトや本学独自の研究センターでは、「超高効率太陽光発電」や「触媒を用いた水素の製造・貯蔵・活用」技術などの開発に取り組んでいます。

充実した独自の奨学金制度

充実した独自の奨学金制度

学ぶ意欲をバックアップする豊田奨学基金奨学金制度

本制度の利用にあたり、保護者の年収制限は無く、他の奨学金制度との併用も可能です。

  • 給付奨学金制度:学期ごとに約11%(9人に1人)の在学生へ、授業料の全額・半額・1/4額を給付します。
  • 貸与奨学金制度:希望者のほぼ全員へ「無利子」で月額2・4・6万円を貸与します。

奨学金制度を有効に利用いただくことで、アルバイトに生活時間を費やすことなく、有意義な学生生活を送っていただくことが可能です。

抜群の就職実績

抜群の就職実績

就職決定率は開学以来、毎年100%を達成

工学の幅広い知識と専門性の修得、全寮制・少人数環境・社会人学生との触れ合いの中での磨かれるコミュニケーション力、インターンシップや海外研修などで構築されるキャリアビジョンなど、学生は本学で過ごす4年間の中で就業力を身に付け、就職活動に臨むことが就職決定率100%に繋がっていると考えております。

【近年の主な就職先】
トヨタ自動車、豊田自動織機、デンソー、アイシン精機、トヨタ紡織、トヨタ車体、豊田合成、ジェイテクト、東海理化、トヨタ自動車九州、トヨタ自動車東日本、豊田中央研究所、日野自動車、スバル、ダイハツ工業、矢崎総業、アイシン・エィ・ダブリュ、本田技研工業、ダイキン工業、三菱重工業、住友電気工業、パナソニック、三菱電機、テルモ、島津製作所、浜松ホトニクス、キヤノン、富士ゼロックス、セイコーエプソン、コニカミノルタ、TDK、ニコン、東レ、ダンロップスポーツ、コクヨ、丸善石油化学、凸版印刷、KDDI、任天堂、日本たばこ産業、中部電力、JR東海、JR四国 など