豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

豊田工業大学附属研究センタースマートビークル研究センター

スマートビークル研究センター

2010年設立 センター長:佐々木 裕

センターの概要

交通事故のない社会の実現を目指して

高齢者や運転初心者に安全でしかも環境の負荷が少ない運転支援システムの研究開発を進めています。具体的には、コンピュータがテレビカメラ、レーザスキャナー、GPS (global positioning system) などのセンサから得られる情報をもとに、歩行者や車両、道路、白線などのさまざまな対象を検出し、複雑な走行環境を認識できる技術を開発しています。

この技術に基づいて、車両に、危険時には、警告発信、加減速および停止操作、回避動作および最適ルート探索などの機能を与える研究や、さらに将来の自律走行などの車の高度知能化の研究を進めています。