豊田工業大学

English
HOME 総合案内 教育プログラム(大学、修士・博士後期課程) 研究活動・施設

建学の理念と沿革

 
 

建学の理念・目標・養成すべき人材像

科学技術の進歩は、人間の生活と社会の発展に大きく貢献してきましたが、一方では、環境問題に象徴されるように、現代社会に多くの複雑で困難な問題も引き起こしました。したがって、これからは旧来の延長線上ではない科学技術のあり方として自然や人間社会と調和した科学技術の発展が急務であり、人間社会に持続的発展をもたらすための、独創的・先駆的な研究と新技術とを創出できる人材を育成することが強く望まれています。

本学は、建学の理念「研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし」(豊田佐吉翁遺訓)に基づき、このような人類共通の緊急課題に応えるべく、豊かな人間性ならびに広い学識と総合的な視野を備え、未知の課題に果敢に挑戦して先進的な研究を行い、かつ新技術の開拓能力を有する創造的で実践的な開発型の技術者・研究者を育成することを目標としています。

 

【養成すべき人材像】

学部:基礎を重視した分野横断型の教育と体験的教育を行うことにより、社会人としての基礎力と国際的な視野を持ち、多様な課題に挑戦し克服できる学識と創造性を備えた技術者・研究者を育成する。

<キーワード:基礎重視、分野横断型、体験的教育、社会人基礎力、国際性>

修士:基礎および専門性を重視した分野横断型の教育と体験的教育を行うことにより、科学技術の多様な進展に対応できる研究開発能力を備え、国際的に通用する技術者・研究者を育成する。

<キーワード:基礎専門重視、分野横断型、体験的教育、研究開発能力、国際性>

博士:高度な専門性を重視した教育と体験的教育を行うことにより、先端的専門分野に留まらず、新しい境界領域を切り拓くリーダーとして、国際的に十分に活躍できる技術者・研究者を育成する。

<キーワード:高度専門性、高度研究開発能力、新領域開拓リーダー、国際性>

 



学章の由来

本学の学章は、羽根ペンとエンジニアリングハンマーを組み合わせています。 羽根ペンは「学問と大学」を、エンジニアリングハンマーは「実践と産業界」を表しています。 本学は、大学と産業界が良きパートナーとして、互いに研鑚し合う中で教育・研究を推進することにより、豊かな人間性と創造的な知性を備えた実践的な開発型技術者の育成をめざしています。 この理念を象徴的に表現したのが、この学章です。



大学の歴史

豊田工業大学は、トヨタ自動車(株)の社会貢献活動として誕生。開学のきっかけは、トヨタ自動車(株)の創業当時からの夢にありました。 我が国の発明王・豊田佐吉の長男で、日本の自動車産業の礎を築いた豊田喜一郎は、社業繁栄の暁には「大学」を設立し、日本の将来を担う技術者を育成することにより、社会に貢献したいと考えていました。 その夢と精神は語り継がれ、昭和56年、晴れて実現しました。


1979年5月

学校法人トヨタ学園理事長に豊田英二 トヨタ自動車(株)社長が就任


大学院の門札の取り付け
1979年7月 大学設置資金としてトヨタ自動車(株)より寄付金受領
1981年1月 大学設置認可、長尾不二夫 初代学長に就任
1981年4月 わが国初の社会人大学として開学、第1回学部入学式挙行
1984年3月 大学院修士課程設置認可  
1984年9月 駒井又二 第2代学長に就任  
1985年3月 第1回学部卒業式挙行  
1986年3月 第1回大学院修士学位授与式挙行  
1990年9月 小林清志 第3代学長に就任  
1993年4月 学部・大学院に新卒者の受け入れを開始  
1995年3月 大学院博士後期課程設置認可  
1996年9月 永澤満 第4代学長に就任  
1998年3月 第1回大学院博士学位授与式挙行  
1998年6月 第2代理事長に豊田達郎 トヨタ自動車(株)相談役(元社長)が就任  
2001年4月 工学部の学科を改組して先端工学基礎学科を設置
開学10周年行事
2002年4月 大学院修士課程 生産基礎工学専攻を先端工学専攻と改称
2003年6月 南山大学と大学連携協定締結
2003年9月 米国シカゴに大学院大学
"Toyota Technological Institute at Chicago (TTIC)"を開校
2004年9月 生嶋明 第5代学長に就任
2005年5月 JABEE(日本技術者教育認定機構)認定
2010年4月 愛知大学と連携協定締結
2010年9月 榊裕之 第6代学長に就任
2011年6月

第3代理事長に瀧本正民トヨタ自動車椛樺k役(元副社長)、竃L田中央研究所代表取締役が就任

開学30周年行事

2011年6月

第2代理事長豊田達郎 名誉理事長(理事)に就任



ページトップへ戻る

交通アクセス サイトマップ TTI at Chicago 豊田工業大学 このページの本文へ