豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

ディプロマポリシー

ディプロマポリシー

工学部

学部においては、「基礎を重視した分野横断型の教育と体験的教育を行うことにより、社会人としての基礎力と国際的な視野を持ち、多様な課題に挑戦し克服できる学識と創造性を備えた技術者・研究者を育成すること。」を教育目標として、次の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に、卒業を認定する。

  • 十分な工学基礎の知識を修得し、それを工学分野の学習、研究に適用する能力
  • 機械システム、電子情報および物質工学の各分野の基礎知識とこれらの内少なくとも1分野の専門知識・技術ならびにそれらを応用する能力
  • 目標を把握し、解決策を立て実行する問題解決能力
  • 物事に対して幅広い見方、考え方ができ、技術者の果たすべき役割と社会的責任を理解する能力
  • 日本語による的確なコミュニケーション能力および英語による基本的なコミュニケーション能力

大学院工学研究科修士課程

修士課程においては、「基礎および専門性を重視した分野横断型の教育と体験的教育を行うことにより、科学技術の多様な進展に対応できる研究開発能力を備え、国際的に通用する技術者・研究者を育成すること。」を教育目標として、次の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に、修了を認定する。

  • 幅広い専門基礎の知識を修得し、それを応用する能力
  • 高度な専門知識を修得し、それを研究に適用する能力
  • 目標を把握して自ら進んで解決策を立案し、実行する研究能力
  • 異文化を理解し、国際的に通用するコミュニケーション能力

大学院工学研究科博士後期課程

博士(後期)課程においては、「高度な専門性を重視した教育と体験的教育を行うことにより、先端的専門分野に留まらず、新しい境界領域を切り拓くリーダーとして、国際的に十分活躍できる技術者・研究者を育成すること。」を教育目標として、次の基本方針に基づいてカリキュラムを編成している。

  • 専攻する分野の高度な専門知識・技術を駆使して研究が遂行でき、かつ新たにそれらを生み出す能力
  • 総合的な視点から課題と目標を把握して解決策を企画し、それを実行できる能力
  • 外国人の技術者・研究者と技術的に高度なディスカッションができ、それをもとに研究開発を推進できる能力