豊田工業大学

サイトマップ

文字サイズ 標準

訪問者別

MENU

ユニークな授業科目

日本は、研究、開発、設計技術などの進歩により、工業国として著しい躍進を遂げましたが、中でも、生産技術の発展がもたらした影響は大きいと言えます。特に、"モノづくり"の大切さを重視する本学としては、将来技術者となる人は、いずれの専門分野に進むにしても、生産加工の原形を知っていることが必要と考えています。 そのため、「将来、自分は情報処理を専門にしたいから...」とか「開発、設計を希望するから...」という人も、区別なく"モノづくり"を体感するプログラムを履修しています。 頭だけで考えるのではなく、実際にやってみる姿勢、現場で働く人の気持ちも持ち合わせた技術者に育ってほしいからです。
また、こうした教育を実現するために、国内大学では最大規模のクリーンルームや専用の工作工場が充実していることも本学の特長です。

工学スタートアップセミナー 学部1年次:必修

工学スタートアップセミナー

産業技術記念館の見学をはじめ、豊田工業大学の建学の理念や教育・研究の特色を学び、大学での学修、研究、生活のあり方を理解します。また、創造力やチームで働く力を養うことを目的に、イノベーションコンテストなども実施します。

トヨタ生産方式概論 学部3年次:選択

トヨタ生産方式概論

トヨタ自動車から講師を招き、ものの作り方や仕組みが、安全、品質、リードタイムや原価と密接に関連性を持つことを学びます。講義、演習、ディスカッションに加え、作業改善の模擬体験も行い、理解を深めます。

学外実習 学部1年次:必修・学部3年次:必修+選択

学外実習

学外実習Ⅰ [1年後期/4週間(必修)]
企業の生産工程における実作業(ライン作業など)の体験および生産工程実習を通して、工業と工学のかかわり合いを学ぶ。

学外実習Ⅱ(Ⅲ)[3年後期/5週間(必修)+1週間(選択)
企業における技術的課題を解決する過程において、各自が習得した工学知識の成果を問題解決に応用する。

大学院(修士課程/博士後期課程)にもインターンシップを導入。さらに高度な実習を行っています。[修士課程:選択/博士後期課程:必修]

本学には、学びの意欲をしっかりとサポートし、さらに大きく伸ばすシステムがあります。

本学には、学びの意欲をしっかりとサポートし、さらに大きく伸ばすシステムがあります。

基本体制:自由度の高いカリキュラム

本学では、半年ごとに履修を完結させる「2学期制(セメスター制)」により授業を行います。また、「必修科目」以外の科目のほとんどが学年を問わず、自由に履修することができ、学生一人ひとりが各自の興味・関心に合わせて自主的に履修計画を立てることが可能になります。

支援体制:[アカデミック・アドバイザー][進級要件]で学びをフォロー

学生の自主性を重んじる一方で、それぞれの学修計画をフォローアップする「アカデミック・アドバイザー」がいます。これにより、入学時から卒業に至るまで、教員と学生が接触する機会が増え、履修面だけでなく進路や生活全体の相談まで気軽にできる安心の環境が生まれます。また、6年一貫教育に基づいたカリキュラムを計画的に履修していく上で、積極的に情報を提供し、指南する役割をもつアカデミック・アドバイザーは不可欠な存在といえます。さらに、2年・4年に進級するには「進級要件」が定められており、要件を満たしていない場合は留年となります。このように、学生の自主性と支援体制をバランスよく両立する教育体制は、少人数制を採る本学ならではの特長のひとつです。

【アカデミック・アドバイザーの主な役割】

  • 学生の履修計画および目標に向けての指導・助言。
  • 学生生活での問題や悩みに対しての指導・助言。
  • 学生の進路相談に対する指導・助言。
  • 履修に関する届出書類などの承認。

成果:GP(Grade Point)およびGPA(Grade Point Average)を用いた成績評価

履修登録した授業科目は、定期試験、レポート、宿題等の結果に基づいて成績評価を行い、合格と認められた科目には所定の単位が与えられます。また、多くの科目の成績はS・A・B・C・D(Dのみ不合格)の5段階で評価され、区分ごとに定められたグレードポイント(GP)が与えられます。獲得したGPの合計を総登録単位数で除した値はGPAといい、不合格科目のポイントも加味した厳格な基準となります。本学ではこのGPおよびGPAを、給付奨学金の対象者選抜や、研究室配属などに用いています。