豊田工業大学 電磁システム研究室

お知らせ・更新履歴(令和3年度)

 R3.9.10
NGUYEN Gia Minh Thao助教は「2021年度 中部電気利用基礎研究振興財団 出版助成」が採択されました。

出版論文題目:
“Magnetic Characterization of 4 μm-thick Steel Made by Continuous Rolling Process for Power Electronic Applications in High Frequency”,
IEEJ Journal of Industry Applications, vol. 10, no. 6, pp. 1-9, November 2021, DOI: 10.1541/ieejjia.21001213.
 R3.8.18
一般社団法人電気学会より下記論文が出版されました。  
Nguyen Gia Minh Thao, Keisuke Fujisaki, Hiroaki Mamiya, Syuji Kuroda, Yoko Yamabe-Mitarai, and Norie Motohashi,
“Magnetic Characterization of 4 μm-thick Steel Made by Continuous Rolling Process for Power Electronic Applications in High Frequency”,IEEJ Journal of Industry Applications, vol. 10, no. 6, pp. 1-8, August 2021 (advance publication), DOI: 10.1541/ieejjia.21001213..
 R3.5.24
日本磁気学会より下記論文が出版されました。  
Kenya Naruse, Keisuke Fujisaki, Nguyen Gia Minh Thao,
“IIron Loss Evaluation in Consideration of Anomalous Loss for PAM Inverter Excitation in Finite Element Analysis,”
Journal of the Magnetics Society of Japan, vol. 45, no. 4, pp. 106-111, July 2021, DOI: 10.3379/msjmag.2107R007.
 R3.5.24
IEEEより下記論文が出版されました。  
Nguyen Gia Minh Thao, Hiroyuki Kojima, Takaya Sugimoto, and Keisuke Fujisaki,
“Investigation of Effects of Rising and Falling Time, Ringing Phenomena and Dead Time in GaN Inverter on Iron Loss with Very High Sampling Rate,”
Proceedings of 2021 IEEE International Symposium on Electrical and Electronics Engineering (ISEE), pp.1-6, 15-16 April 2021, Vietnam, DOI: 10.1109/ISEE51682.2021.9418786.
 R3.5.24
2021 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTRICAL AND ELECTRONICS ENGINEERING より下記論文がCertificate of Outstanding Contribution in Reviewingを受賞しました。
Nguyen Gia Minh Thao,Hiroyuki Kojima; Takaya Sugimoto; Keisuke Fujisaki “Investigation of Effects of Rising and Falling Time, Ringing Phenomena and Dead Time in GaN Inverter on Iron Loss with Very High Sampling Rate,”   
 R3.5.20
第29回磁気応用シンポジウムにてコーディネータを行います。  
日時:2021年6月15日(火) 12:15〜15:00
場所:オンライン開催
A5:モータ駆動システムにおける磁性材料の選び方
 R3.5.20
第7回岩崎コンファレンスにて基調講演を行いました。  
日時:2021年5月20日(木)
場所:オンライン(Cisco Webex)
基調講演:「電気自動車・自動運転社会実現のための磁性材料技術~本会議の構成、テーマ、目的~」
 R3.5.14
NGUYEN Gia Minh Thao助教が申請していた令和3(2021)科学研究費助成事業(KAKENHI 若手研究)新規課題「A Novel Pulse-Amplitude Modulation Control with Fuzzy-based Automatic Excitation Angle and Adaptive Deadtime for Motor Drives in Consideration of Core Loss」が正式に採択されました。研究期間 (年度): 2021年4月 ~ 2024年3月。  
 R3.5.6 INTERMAG2021にて下記発表をしました。  
1. Nguyen Gia Minh Thao, Jumpei Tanase, Koichiro Nambu, Keisuke Fujisaki, and Eiji Tsuchida,
“Experimental investigation and comparison of magnetic properties at high frequency between non-annealed and annealed 1 µm-thick steels,” Proceedings of 2021 IEEE International Magnetics Conference (INTERMAG), digest ID: JA-11, 26-30 April 2021, France.

2.Keisuke Fujisaki
"Magnetic of Motor Drives System for Electrical Vehicle", Live Session,
26 April, INTERMAG21 Invited Tutorial, Digest Designation
 
R3.4.15
豊田工業大学 電磁システム研究室 下記勉強会を開催予定です。  
 
『第一原理による相図・磁気計算Zoom勉強会』
日時:2021年(令和3年)6月2日 13:30〜17:15
形式:Zoom会議
 
 
 

過去お知らせ(H24年度~R2年度)

 
詳細
 
詳細

詳細
 
詳細
 
詳細

詳細

詳細
      

詳細

詳細

研究室配属希望者へ

(新しい電気エネルギーの技術を開拓する意欲的人材求む!)

研究室紹介パンフレット(令和3年4月作成)
  • 電磁エネルギー分野は、EV(広義の電気自動車)による輸送革命と、太陽光発電等の実用化に伴うスマートエネルギーの2つの流れにより、今後大きな展開が期待されています。
  • この電気エネルギーの基幹技術となるのが、パワーエレクトロニクスおよび電気モータである。
  • 本研究室では、これまでの研究領域に加えて、材料・プロセス(マルチスケール)および熱・流動・メカ(マルチフィジックス)といった新たな電磁界融合学の技術視点で、研究を行っています。
  • 研究室は、実験系(モータ、インバータ、EVの試作、測定評価)と解析系(電磁場数値解析とそれによる現象解明・設計)の両立を目指しており、両者の研究を通じて経験することで、幅広い人材育成を行っています。
  • 企業・他大学との共研、国内外の学会・展示会発表、本学での研究会開催などのイベントを通じて、人との交流と幅広い経験とを目指していますので、意欲のある方はぜひ参加してみてください。
研究課題


豊田工業大学 電磁システム研究室
〒468-8511 名古屋市天白区久方2-12-1  Tel/Fax: (052)-809-1826