豊田工業大学 電磁システム研究室

お知らせ・更新履歴(令和3年度)

 R3.5.14
NGUYEN Gia Minh Thao助教が申請していた令和3(2021)科学研究費助成事業(KAKENHI 若手研究)新規課題「A Novel Pulse-Amplitude Modulation Control with Fuzzy-based Automatic Excitation Angle and Adaptive Deadtime for Motor Drives in Consideration of Core Loss」が正式に採択されました。研究期間 (年度): 2021年4月 ~ 2024年3月
 
 R3.5.6 INTERMAG2021にて下記発表をしました。
 
1. Nguyen Gia Minh Thao, Jumpei Tanase, Koichiro Nambu, Keisuke Fujisaki, and Eiji Tsuchida,
“Experimental investigation and comparison of magnetic properties at high frequency between non-annealed and annealed 1 µm-thick steels,” Proceedings of 2021 IEEE International Magnetics Conference (INTERMAG), digest ID: JA-11, 26-30 April 2021, France.

2.Keisuke Fujisaki
"Magnetic of Motor Drives System for Electrical Vehicle", Live Session,
26 April, INTERMAG21 Invited Tutorial, Digest Designation
 
R3.4.15
豊田工業大学 電磁システム研究室 下記勉強会を開催予定です。
 
『第一原理による相図・磁気計算Zoom勉強会』
日時:2021年(令和3年)6月2日 13:30〜17:15
形式:Zoom会議
 
 
 

過去お知らせ(H24年度~R2年度)

 
詳細
 
詳細

詳細
 
詳細
 
詳細

詳細

詳細
      

詳細

詳細

研究室配属希望者へ

(新しい電気エネルギーの技術を開拓する意欲的人材求む!)

研究室紹介パンフレット(令和3年4月作成)
  • 電磁エネルギー分野は、EV(広義の電気自動車)による輸送革命と、太陽光発電等の実用化に伴うスマートエネルギーの2つの流れにより、今後大きな展開が期待されています。
  • この電気エネルギーの基幹技術となるのが、パワーエレクトロニクスおよび電気モータである。
  • 本研究室では、これまでの研究領域に加えて、材料・プロセス(マルチスケール)および熱・流動・メカ(マルチフィジックス)といった新たな電磁界融合学の技術視点で、研究を行っています。
  • 研究室は、実験系(モータ、インバータ、EVの試作、測定評価)と解析系(電磁場数値解析とそれによる現象解明・設計)の両立を目指しており、両者の研究を通じて経験することで、幅広い人材育成を行っています。
  • 企業・他大学との共研、国内外の学会・展示会発表、本学での研究会開催などのイベントを通じて、人との交流と幅広い経験とを目指していますので、意欲のある方はぜひ参加してみてください。
研究課題


豊田工業大学 電磁システム研究室
〒468-8511 名古屋市天白区久方2-12-1  Tel/Fax: (052)-809-1826